(小説)犬極道2~憎みきれないろくでなし~【Hide&Seek】

 
1,400 
1400 ポイント
BKS-065
購入可能
+

説明

2016/05/30発売

●サークルより
「親父」からの信頼厚く、手下からも慕われる極道の男、島崎。次期組長間違いなしと思われていたその島崎が敵対する高畠組にリンチされ、
男の象徴である「玉」を抜かれてしまう。もう女は抱けないと気落ちした島崎は舎弟の野田に下の世話を焼かせるが、その関係はやがて兄貴分と舎弟から逆転し、犬と主人へと変わっていく(『犬極道』B013RF2G2Yより)。

それから約二年後。
野田はまるで主人と犬のように島崎をマンションに囲い、日々、思うがままその体を弄んでいる。島崎もその立場を受け入れているようには見えるが、無口でなにを考えているのかはわからない。
その頃、中国マフィアの攻勢を受け、近隣一帯の勢力図が書き換えられようとしていた。「親父」の入院が長引き、野心家である野田は次期組長の座を狙う。組の生き残りのため、また、指名争いを勝ち抜くため、野田は中国マフィアに接触をはかる。しかしマフィアからまともな返事はなく、かわりに風変わりなパーティーへの招待状が届く。そこには「ぜひご自慢のペットをお連れください」と書かれていた。
主人と犬の絆が試される、極道SM小説。

追加情報

商品スペック (?)

小玉オサム
Hide&Seek
B5判
本編48ページ
2016/05/30
2016/05/30

タグ

この商品を買った人はこんな商品もお求めです